MustLoveJapan

蛭子山古墳群

観光案内

蛭子山古墳は、京都府与謝野町にある古墳群。全部で8基の古墳があり、中でも蛭子山1号古墳は全長145mあり、日本海側では3番目に大きな古墳である。国の史跡に指定されており、古墳から発見された埴輪などが資料館で展示されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人300円、小中学生150円
団体割引有
時間:10:00~17:00
月曜日(3月~11月)火曜日(12月~2月)祝日の場合は翌日

アクセス
京都丹後鉄道宮豊線与謝野駅から徒歩。
国道176号線南へ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 蛭子山古墳群

詳細案内

蛭子山古墳群
種類:古墳 古墳時代 弥生時代

遺跡台帳上の古墳数は8基で、その中の1~3号古墳の3基が国の史跡に指定されている。なお、明確な墳丘のある8号基、4~7号古墳は不確実なもので、弥生時代の墓の可能性も含め明確な調査が必要なものである。

1号基は、墳長145m、後円部高さ16mの前方後円墳で、日本海側で第3位の規模を持つ大型古墳です。墳丘は3段に造られており、斜面は川原石の葺石で覆われ、壇上テラスには埴輪列が三重に古墳を取り巻いている。埋葬施設は後円部中央に3基あり、中央埋葬が舟形石棺で、上部には方形に埴輪が並べられていた。2号墳は一辺42mの方墳で、3号墳も一辺15mの方墳である。古墳時代前期後半ごろの丹後地域を代表する首長墓と見られる。古代の丹後の成り立ちを考える上で貴重な歴史的文化遺産といえる。

はにわ資料館
ここでの出土品や多くの古墳時代の資料が展示されている。