MustLoveJapan

秩父夜祭花火

観光案内

秩父夜祭花火(ちちぶよまつりはなび)は、秩父の夜祭で行われる花火大会。12月に行われる珍しい花火で日本三大曳山祭りの一つである秩父夜祭とあわせて開催される。冬の夜空を彩る花火は、煌びやかな屋台と合わせて絶妙な調和を持つ。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
交通規制【有】
露天 【有】
期間:12月2・3日(3日がメイン)
時間:19時頃より開始

アクセス
秩父鉄道秩父駅よりすぐ。
夜間行われる為に、公共交通機関での参加は不可。宿泊、ツアー、または自家用車での参加が必要。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 秩父夜祭花火

詳細案内

秩父夜祭花火
種類:夜祭 花火 冬 屋台 山車 日本三大曳山祭り ユネスコの無形文化遺産

秩父夜祭は、江戸中期に秩父神社に立った絹織物の市が起源であり、以来現在まで続く伝統的な祭りである。提灯で飾り付けられた見事な屋台・笠鉾と呼ばれる山車が冬の秩父を進む。山車は全部で6基あり、重さ20トンもの巨大な山車が旋回したり、坂を上る姿は圧巻である。

祭り期間中は、秩父神社の境内では歌舞伎や神楽などの伝統芸能の披露の他、さまざまな催し物が開かれ、町中に露天が立ち並ぶ。

また夜にはスターマインなど花火が上げられる盛大な祭りである。当日は道は込み合い交通規制もかかるので見学には注意が必要。

ユネスコの無形文化遺産にも登録されている。