MustLoveJapan

堀川芭蕉巡り

観光案内

深川芭蕉巡り。深川は東京都江東区隅田川の東岸に位置する町で、俳聖・松尾芭蕉が1680年から奥の細道でなくなる1694年まで居を構えた場所である。奥の細道を代表する多くの旅はここから出発しており、現在も多くの芭蕉関連のスポットが残る。また、松尾芭蕉記念館などもあり芭蕉ファン必見のスポットである。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】
記念館料金:200円

アクセス
清澄白川駅周辺。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 堀川芭蕉巡り

詳細案内

堀川芭蕉巡り
種類:松尾芭蕉

芭蕉庵史跡展望庭園
芭蕉庵史跡展望庭園は、東京都江東区隅田川と小名木川に隣接した四季折々の水辺の風景が楽しめる。庭内には芭蕉翁像や芭蕉庵のレリーフを配した、往時を偲ぶ事ができる。

芭蕉稲荷神社
芭蕉の遺愛の蛙の石が発見された場所であり、このことからこの辺りが芭蕉庵があったと考えられる。

芭蕉記念館
芭蕉記念館(ばしょきねんかん)は、東京都江東区にある松尾芭蕉の資料が展示してある記念館。東京深川は松尾芭蕉が日本橋から移り住んだ場所であり、1694年に亡くなるまでこの地に住んでいた。芭蕉遺愛の石の蛙や芭蕉直筆の句短冊などさまざまな芭蕉の資料が展示されている。

採茶庵
は、江戸時代中期の俳人杉山杉風の庵室。杉風は、名を市兵衛、または藤左衛門と称し、屋号を鯉屋俳号を採茶庵、五雲亭などとし、隠居した後は一元を名乗った。家業は魚問屋で鯉上納の幕府御用も務め、小田原町一丁目に住んでいた。松尾芭蕉の門人でもあり蕉門十哲に数えられる。また松尾芭蕉の経済を支援したパトロンでも知られる。