MustLoveJapan

日本の職人

日本の伝統を極めた意匠の紹介。

伊藤紘 型染版画師


伊藤紘先生(いとうひろむ)は、型染版画の意匠。日本の伝統工芸の1つ型染版画を活かした、近代美術の創作を行っている。型染は、沖縄紅型とも呼ばれ江戸小紋など着物の模様を描く伝統技法で、。江戸文化の花形とされ、幾何学模様から花柄など様々な模様が使われた。型染版画は、その型染の技法を活か...

早船福太郎 竹細工職人


早船福太郎(はやふねふくたろう)氏は、竹細工の職人。竹細工は京都で発祥し江戸に伝わってきた。その道60年の達人で、竹細工全般を扱う名工の一人である。その職人芸は神技で、歌舞伎の舞台で使われる草木の制作は彼と彼の弟しか作ることが出来ない。竹細工は江戸時代よりザルなどの日常雑貨から、...

小島功 銀器職人


小島功氏(こじまいさお)は、銀器の鎚起工芸の職人。銀器は、古来より侍の鎧兜の飾りから、芸者の飾りなど様々な用途で活用されてきた伝統工芸である。小島氏は、父より信重の名前を継承し、またその伝統技法を伝承している。全ての作品は完全手作りが小島氏のポリシー。全てが手作りであるため、作り...

山越正樹 剣術家


山越正樹先生(やまこしまさき)は、第20代無双直伝英信流山内派相傳。日本の現代の最高の剣術家の一人で居合いの達人。17歳より居合いを初め、45年以上の経験を持つ。現在も技の更なる向上と共に、古流剣術の追求に日夜励んでいる。山越先生の剣術は古流の様式を完全に伝承しつつ、それに留まら...

小島正廣 神楽面打師


小島正廣(こじままさひろ)氏は、神楽面の面打ち師。小島氏は、30年以上の経験を持ち、能や神楽で使われる面を打ち続けている。小島氏の技法は伝統的な手法で全て手作りで行われる。面打ちの技術は1000年以上の歴史を持ちつ。小島氏は特に神楽面を専門に制作する。神楽は神話を題材にした演舞で...

野原久義 寝具制作マイスター


野原久義(のはらひさよし)氏は、日本一の寝具師。その神技は日本一と称され、数少ない厚生労働省が認定する最高の技能士「現代の名工」の一人に認定されています。父から伝統的な寝具製作の技を受け継ぎ、野原氏は40余年の間布団作りに励みながら技術の向上と新しい知識の研究を常に続けて来ました...

丸岡蒼雲 表具師


丸岡蒼雲(まるおかそううん)は、書道家で表具師。書道歴は35年で、表具師としての経験も同様に至る。丸岡氏は掛け軸造りの意匠であり、現在も近代器具を一切使わず伝統的な技法を守り、掛け軸を作り続けている。伝統的な手法が最も素晴らしい掛け軸を作ると語る。客のニーズに合わせた書と掛け軸を...

伊藤紘 型染版画師

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

伊藤紘先生(いとうひろむ)は、型染版画の意匠。日本の伝統工芸の1つ型染版画を活かした、近代美術の創作を行っている。型染は、沖縄紅型とも呼ばれ江戸小紋など着物の模様を描く伝統技法で、。江戸文化の花形とされ、幾何学模様から花柄など様々な模様が使われた。型染版画は、その型染の技法を活かし、和紙に版画を描く近代アートである。伊藤先生は、型染版画の先駆者で型染以外にも様々な伝統技法を取り入れている。

ホームページ